エスカレーターをやめ、そして階段で行動することにより、体に対して良い影響を与えることができます。これは足を中心として、体のたくさんの筋肉を使用することができるために、適度な運動として効果を発揮してくれるからです。
体を鍛える場合には、大きな筋肉を刺激することが効果的です。そのためには足を使用することが有効なのです。足は全身の筋肉の大半を占めているために、これを積極的に利用することで、消費カロリーを増やすことが可能になるのです。
また階段を使用することは、この大きな筋肉の足を使用するだけではなく、腹筋と背筋も同時に使用することになります。これは足を上げる動作が、通常の歩く動作よりも大きく使用されることになるために、腹筋と背筋に大きく刺激を与えることが可能になるのです。そのため通常よりも筋肉を使用する割合が大きいために、効果を発揮してくれるのです。
このように階段を上るだけで、体に対しては適度な運動となってくれます。なので積極的に利用することにより、体に対して心地よい負担を与えることができるのです。これが良質な睡眠を行うことの要因となってくれるために、ストレスに対して強い体を作り上げることにも効果を発揮してくれるのです。