ストレスを解消するために、腹式呼吸を行うことが有効なのは、体をリラックスしてくれる働きがあるからです。人間の体はストレスを感じ取ると、交感神経が優先的に使用されることになります。これは外部からの刺激に対し、体を守ろうとするために発生するのです。交感神経が優先的に使用されることになると、呼吸が浅くなり、血圧が上がり、そして心拍数が向上します。これは脅威に対して体がいつでも対応できるように、興奮状態になるからです。この状態を解消するためには、リラックスすることが必要になります。
腹式呼吸を行うことが有効なのは、不快呼吸を行うことにより、体をリラックスした状態を作り上げることが可能になるからです。浅い呼吸であると、脳に酸素をしっかりと取りこむことが難しくなってしまいます。それにより正常な判断が出来なくなってしまい、ストレスに対処することが出来なくなってしまうのです。また腹式呼吸をリズムよく行うことは、リズム運動にもなります。これにより副交感神経を優先的に使用することができるために、またセロトニンの分泌量を向上させることができるために、さらにリラックスした状態を作り上げることが可能になるのです。