入浴をすることは、リラックスすることに繋がるために、自律神経を整えることに役に立ってくれます。これにより、体を回復させるために必要な、副交感神経を優先的に使用することに役立つために、回復力の向上につながるのです。
自律神経を整えることが大切なのは、交感神経と副交感神経のバランスを司るからです。どちらか一方が大きく優位になってしまうと、日常生活を健康的に送ることは難しくなってしまいます。そのためどちらかが一方だけでなく、バランスを整えることが必要になるのです。
現代人において副交感神経を使用することが大切なのは、ストレスや睡眠不足により交感神経が強く使用されていることになるからです。交感神経は活動をする際に必要ですが、使用し続けてしまうことになると、体を消耗し続けてしまうことになるのです。また交感神経が優先的な場合であると、心拍数が向上し、血圧が上がった状態になってしまいます。そのため血液の流れが悪くなってしまうのです。
入浴により血行促進の効果を発揮してくれるのは、単純に体温を上昇させるだけではありません。リラックスをし、副交感神経を優先的に使用するようになるために、入浴後の血圧の低下に役に立ってくれるからなのです。