夕食は寝る3時間前までに食事を取ることの大切さは、基本的にはセロトニンの不足等です。
睡眠と深い関係にあり、神経を休ませるためにも、夕食は早めに切り上げる必要があります。寝る前に体のためにやっていけないことは飲酒や興奮するようなシーンが多い映画の見すぎです。
いかに寝る前は、神経を落ち着かせることが大切かを知る必要があります。セロトニンを増やすために朝日を浴びながら仕事をしたり、散歩をしたりして神経を安らかにします。規則正しい生活をして、適度な量の食事や飲酒をこころがけたり、栄養のバランスが良い食事をして便秘にならないようにしっかりと体調管理をすることも大切です。
寝る前の3時間は重要な意味があり、体に良いことをするようにして家族との会話を楽しんだり、趣味を楽しんだりして五感の疲れを後日に残さないようにしていきます。
そのような一歩一歩の積み重ねが大切であり、スマホなど視覚にあまり強い影響を与えないようにして寝る前にはスマホを枕元に置かないでおくなどに注意する必要があります。髪の毛のためにも、できるだけ夜の12時前には就寝して翌朝まで熟睡することが心身ともに健康につながります。このように、体調管理は毎日の生活の基本活動として必要です。